勃起不全の治療で処方される薬と食事アドバイス

医療機関で勃起不全の検査を受けたあとは、薬を処方されることが多いです。
ED治療薬を中心として、症状に応じて精神安定剤なども処方されます。
前者の相場は1錠1,500円~2,000円程度ですが、後者は1錠100円程度と安価です。
バイアグラにはジェネリックも登場しており、1錠1,000円程度で購入できます。
ED治療薬は健康保険の適用外なので、全額自己負担となります。

医療機関の勃起不全治療では、精力剤を勧めてくることはまずありません。
薬の処方と食事療法により改善していくのが一般的です。
精力剤は体力の衰えを復活させるためには役立ちますが、すでに勃起不全が発生している状態を解消するのは難しいです。
勃起不全を治すためには、ED治療薬を服用するのが最も確実です。

ただ、薬だけで根本解決することはできないので、食事改善もしていく必要があるのです。
勃起不全とはペニスが十分に勃起しない状態のことですが、ペニスの病気とはみなされていません。
生活習慣病の一種とされており、動脈硬化や高血圧といった血管疾患に近いのです。
血流がスムーズに流れない状態により勃起不全が発症するため、ここから改善していく必要があります。
毎年健康診断を受けるようにして、健康状態をチェックしましょう。
血管に関わる症状は、すべて勃起力に影響すると考えていいでしょう。
動脈硬化や高血圧、脂質異常症、糖尿病などは、すべて勃起力を低下させる要因となります。
血液を綺麗にするためには、何よりも食事から改善していく必要があります。
脂肪分の摂取が多い方ほど、若くして勃起力が減退しやすいのです。
肥満やメタボの方に勃起不全が多いというイメージがあるでしょうが、これはイメージではなく事実なのです。